英語(英作文)は個性でデザインするもの

普段日本語で会話をしている私たち日本人ですが、よく思い起こしてみると会話というのは個性そのものだと気付くことがあります。言葉はその人の人となりを表しています。口癖もあるし、親しい人との会話だったら、この人は普通はこういう言い方はしない、だから今日はおかしいとか、ということも理解しながら話していると思います。
もちろん口調や顔つき、声のトーンなども含めてですが、言葉そのものには強く個性がでるものです。

英語も同じで、どんな伝え方をするのかは、人それぞれがデザインするものだと思います。

これから英語を自分のものにしていこうと頑張っている人にとっては、英語での”自分”をこれからデザインしていくわけです。

どうやったら自分の気持ちを伝えられるかを必死に考えること、英語のルールがわからないから、人の文章から伝え方を真似して覚えることによって、伝え方を自分なりに習得していけると思います。

得意な構文を作るという記事も出しましたが、得意な構文は自分の言葉をデザインするためのひとつの道具です。(それが口癖ということかもしれません。)

文法は英語の共通のルールとしてとても大事なのですが、でも、日本人がずっとやってきたように、文法をつまらない学問として考えてしまうと、そもそも英語が嫌いになってしまいます。だからあまり文法だけに拘ることはお勧めしません。

別の角度からいうと、色々な人たちとe-mailのやり取りをすると、口での会話以上に気が付くのは、ネイティブでない人の中には、実は文法違反をする人が結構いるということです。でも、それで言いたいことが通じないわけではありません。そういう意味では、通じる英語であれば、多少の文法違反はOKと考えるべきということです。

もちろん、法律にかかわるような正式な文章ではだめですよ。あくまでコミュニケーションの手段としての話です。

人のe-mailを見て盗んで表現方法を学ぶ。これが、実は文法(英語のルール)の勉強そのものだと思っています。さらに、特にアジア系の人たちとやりとりすると、たくさんの文法違反を目にします。半面教師にするというのも一つのやり方かと思います。

で、ここで言いたいのは、英語を書くことを楽しいと感じる範囲でたくさん英語を書いて、英語における個性を作っていくことと、表現力として自分の弱いところは、文法書をときどき頼りにしてみると、さらに英語力向上の助けになると思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする