身の回りにある英語に興味を持ってみる

日本国内の私たちの身の回りにもたくさんの英語があります。

これから、東京オリンピックに向けて、外国人観光客向けにもっと増えて充実していくことだと思います。

そんな周りの英文にも注意を払ってみましょう。そこからたくさんの学びがあるはずです。

例えば、電車内で下のような看板を見たことありませんか?

Please notify train staff or crew members when you see any abandoned belongings or suspicious objects either on a train car or at the station.

不審物発見についての注意書きですが、まず日本語の表記があって、普通はその下に英語表記があります。

私は、これを見てひとつの疑問を持ちました。それは最後の文章で、trainの冠詞は ”a” なのに、stationの場合は“the”なんですね。

実は、不定冠詞、定冠詞や前置詞というのは、日本人がとても苦手なところです。

電車は数えられないくらいあって、どの電車か特定できない、でも駅はたくさんあるものの、数は決まっているので、ある程度特定できる、きっとこれが理由だろうと、自分なりに納得していました。

実は後日談があって、この看板は小田急電鉄のものなのですが、電鉄会社によって、trainもstationも両方とも “a”を使っていたり、逆に両方とも”the”を使っている場合もありました。絶対的な正解はないのかもしれませんね。

Abandoned belongings や suspicious objectsについても、電鉄会社によっていろんな単語を使っています。

ちょっとだけ興味を持って周りを見るだけで、「へぇ~、こういう風に表現するんだぁ。」ということがたくさんあります。
電車の中だったらシルバーシート付近にも。。。妊婦さんて英語でなんていうか、ぜひ、シルバーシート付近で見つけてみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする