スピーキングはまずは音読を繰り返す

スピーキング、発音ということで考えると、これだけでも深い話になります。よく日本人はRとLの発音がだめと言われますが、実はRとLだけでなく、BとかPという爆発音や、FとHの区別など、ネイティブから見ると問題だらけなのかもしれません。

本当にネイティブレベルで、英語で勝負しようという人にとっては、スピーキング、発音も十分な対応が必要なのかもしれません。

でも、まずはブロークンでもいいから使える英語をものにすることが先決です。ここではネイティブの発音を目指すことについてはスキップします。少なくとも私が知っている世界では、発音の悪さで英語が通じなかったのは、アメリカのバーで「バーボン」と注文するときと、「起業家」という意味の「アントレプレナー」を発音した時は繰り返し聞き返された記憶があるくらいで、あとは、コミュニケーションとしてはちゃんと出来ています。むしろ日本人の英語が通じないのは、自信なさそうに小さい声でしゃべることが原因だと私は思っています。

日本人にとっての最大の障害は、口に出してしゃべることに恥ずかしさを持つことで、そこに対してはトレーニングする必要があるし、トレーニングというか慣れによって、会議やセミナーでも発言できるようになっていきます。ブロークンでいいから大きな声でしゃべるということを一生懸命やっていきましょう。これは文章作成力を鍛えるよりはかなり簡単です。

私のお勧めは、短い文章でいいので自分が作った文章を繰り返し音読することです。これは大きな効果があります。頭に思い浮かべるだけではいざという時に口が回らなかったり、つっかえているうちに文章が頭から飛んで行ったりしてしまいます。脳と口をつなげるトレーニングとして、声を出すことをやってみましょう。やる場所がなければ、お風呂に入ったときに鼻歌を歌うかわりにやってみてはいかがでしょうか?
ぜひ継続して音読をするようにしてください。

アジア系の人たちも、決して発音がいいわけではありません。(もちろん第二言語であってもネイティブレベルの発音を持つ人もいますが)それでも、十分グローバルで戦っていけると私は思います。

アジア系を含む世界中のグローバルで働く人たちが、日本人は(平均して)英語が下手だと思っています。自分より下手でもちょっと英語ができる日本人を見ると、「あなたは英語がうまいですね。」と言われます。でも、これは「日本人にしては・・・」という枕詞がついているのです。

まずは、和製英語(私はJapenglishと命名した)でもいいじゃないですか。自分の言いたいことを存分に発言、発信できる人になりましょう。

そこからがスタートかもしれませんが。。。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする